忍者ブログ
 
此処はトミーウォーカーが運営しているPBW『シルバーレイン』のキャラ、緋坂・燐(b53619)のブログという名の雑記帳のような所です。 気分次第で日記もどきを書いたり駄文を書いたり色々するのでそういうのが苦手な方は回れ右をお勧め致します。
2017.11│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[02/24 駄目な背後]
[12/09 どっかのヘタレの背後]
[08/26 緋坂・燐]
[08/21 リース]
[03/15 緋坂・燐]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
緋坂・燐
年齢:
24
性別:
女性
誕生日:
1993/09/12
職業:
高校一年生+雪女×土蜘蛛の巫女
カウンター
背後の呟き
 …例の日の為に作業BGMを聴きながらSSを書いていたら、背後がそれどころではなくなってしまった件について。
 しかも大幅な修正を加えたせいで当日に間に合わなかった罠。
 めでたい日に出すのもアレなので、ついでに細かい修正を加えて後日に出します。

作業BGM:
深海の孤独(桑島法子)
ブログ内検索
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 バレンタインが終わりましたが、早速新たな動きが出ましたね。
 先日捕らえた妖狐の文曲さんをどうするか、意見を募集するそうです。
 ……これは、良くも悪くも沢山の意見が出てきそうですね。

 私自身が妖狐さん関係に関わったのは、先日の戦争が初めてですが。
 学園としては、陰陽都市計画や狂鬼戦争からの因縁がありますし。
 むしろ、ゴーストチェイサーさん達の事だけでも微妙と言いますか。

 あと、そのゴーストチェイサーさん達を援護する依頼が出てますよね。
 戦争で逃してしまった妖獣達の討伐依頼も。
 私は参加出来ませんたが、参加される方々はご武運を。
 ……生き残ったゴーストチェイサーさん達は、絶対助けたいですね。

 さて、此処で話を妖狐さん達の件に戻すわけですが。
 今回の意見募集では、自分なりの意見を出すつもりです。
 というわけで、自分へのメモというか纏め代わりに徒然と書いてみます。
 きっと主観とか沢山入っているので、影響されたくない方は注意を、です。


 とりあえず、私の認識不足なのかもしれませんが。
 大いなる災いを解き放ったのが誰なのか、確定は多分していないんですよね?
 単に封印が緩んで……なら、何とも言えないのですが。
 妖狐さん達がやった可能性も無くはないですし、確率は高いんでしょうけど。
 単純に封印の期間を知っていてとか、そういう可能性もあるわけで。
 ……まあ思い切り利用をしている感があるので、その時点でアウトですか。

 一先ず、妖狐さんのトップを捕まえないと仲間にするかの判断は難しそうです。
 最低でもゴーストチェイサーさん達の意見も聞きたい、というのもありますけど。
 ……私達に判断を任せる、と言われそうな気もしなくはないですが。
 妖狐さんと仲良くしていると、あらぬ誤解を受けそうでもあり。
 皆仲良くが理想なんでしょうけど、因縁とかで色々難しいですよねー……。
 どちらかを選ぶのなら、現時点では私はゴーストチェイサーさんを選びますが。

 あと、文曲さん個人に関しては……まあ、殺す必要は無いと思うんですよ。
 姫様とやらの義理で、何も話さないというのも、まあ良いです。
 ただ……これは私の気のせいというか、気にしすぎなのかもしれませんが。
 姫様や捕まっていない仲間達に全部押し付けて責任逃れをしてませんか、と。

 大いなる災いが解き放たれたのは何故か、恐らくまだ確定はしていません。
 でも少なくとも、彼女達が参加した戦争で大きな被害が出たのは確かなわけで。
 ……学園も妖狐さん達を全員殺していない、というわけではないでしょうし。
 その点に関しては、ある意味ではお互い様なので良いですけど。

 学園の仲間になるのなら、自分の非は認めるべきかな、と。
 ……アレが悪い事ではないと思っているのなら、仲間になるのは無理でしょうし。
 謝罪をしろとまでは言いませんが、全く反省の色が見えないのは……ちょっと。

 というわけで、現時点で言えるのは。
 ゴーストチェイサーさん達の安全を確保するまで拘束維持、でしょうね。
 少なくとも仲間にするか否かの判断(再度意見募集or投票)はその後で。
 ……問題は、これだとそれなりの時間がかかる事ですが。
 そうしている内に新しい問題が起きそうなのが、怖いところです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.66No.65No.64No.63No.62No.61No.60No.59No.58No.57No.56